teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:32/100 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

センゴクプー千秋楽アンコール部分 1

 投稿者:まるるん  投稿日:2003年 5月12日(月)03時08分35秒
  通報
  どこに書こうか迷ったのですが、こちらが妥当かと…。
千秋楽のアンコール部分のみ書かせて頂きます。
通常通り、風助が「マダマダ」と書き終わり、笑顔でポーズを決めた後暗転。

1.大ちゃんが一人ずつ指さして紹介したあと一旦はけます。

2.すぐに又全員出てきて大ちゃんが挨拶しようとすると、声が出ない。
雷蔵が、嵐山にむかって「あんたが声を出なくしたから挨拶ができないじゃないか」と言ったところ嵐山が「明日からは気を付けます。」
春画を見せて裏返すと「今日はありがとでしたby大野」と書かれた本人の直筆文字。
ここでまた深々と挨拶。また全員はけます。

3.又全員が出てきて、嵐山が「弁が剣よりも強いのはよく分かった。しかし、弁よりも強い物をわしは知っているぞ。マイクじゃー!」としゃもじにマイクが付いた物を大ちゃんに差し出します。
ここで「WOW!!」の大合唱。しかし、大ちゃんではなく竜巻こと工藤さんが歌い始めます。
途中で大ちゃんにマイクを返そうとするけれど大ちゃんは逃げてしまい、しかたなく歌い続けていました(笑)
いつもならそのまま歌い続けるのですが、今日はいきなり大ちゃんが「吉野きみかさんです!セクシーポーズ!」と叫び、吉野さんが照れながらセクシーポーズを(笑)
あと、一人かな?セクシーポーズを強要され(爆)「最後に全員で!セクシーポーズ!はい!」とみんなが舞台の上で色々なポーズをしていました。
一種異様な雰囲気(笑)
大ちゃんはキスするような口の格好していました(^^;)
嵐山が客席にお尻を向けていたのを見て
大「それ、セクシーポーズじゃないし」と小声で突っ込んでいたのがツボでした(笑)
大「ありがとうございましたー!」と全員ではけました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:32/100 《前のページ | 次のページ》
/100